• 2018/10/12
  • 未分類
ブドウをもった仏さま(山梨県勝沼)

山梨大善寺

先日、ヴォルブドゥール遺跡巡りをした先輩達と一緒に山梨県にてバーベキューに行ってきました。現在、バーベキューはグランピング、グラマラス(魅惑的な)とキャンピングを掛け合わせた造語でテント設営や食事の準備などの煩わしさから旅行者を解放した「良い所取りの自然体験」に与えられた名称として、人気が出ているようです。今回のお宿は、宿舎のオーナーのご両親が使用していた住まいを民泊として貸し出していらっしゃいました。

山梨グランピング

そして、帰りには山梨県勝沼にあるマルキワイナリー&蒼龍葡萄酒株式会社を訪れました。勝沼と言えば、山梨ワイン。ワインと言えば、葡萄です。
山梨ぶどう

勝沼インターの近く、国道20号(甲州街道)沿いにあるぶどう寺こと、真言宗智山派大善寺にて、通常は秘仏とされている薬師如来像、日光菩薩・月光菩薩が、5年に1回の公開され、ただいま「秘仏 薬師三尊 ご開帳」日なので、参拝に行ってきました。こちらの薬師如来は、左手にぶどうを持っていることが特徴であります。

ポストカードよりお写真を借用します。
薬師如来(ぶどう)

御朱印
薬師如来ぶどう大善寺

大善寺様ホームページによると、「養老二年(AD718)僧行基が甲斐の国を 訪れたとき、勝沼の柏尾にさしかかり、日川の渓谷の大石の上で修行したところ、満願の日、夢の中に、手に葡萄を持った薬師如来が現れました。行基はその夢を喜び、早速夢の中に現れたお姿と同じ薬師如来像を刻んで安置したのが、今日の柏尾山大善寺です。以来、行基は薬園をつくって民衆を救い、法薬の葡萄の作り方を村人に教えたので、この地に葡萄が 栽培されるようになり、これが甲州葡萄の始まりだと 伝えられています。」とあり、甲州ぶどうの始まりとも言われております。

そして、山梨県の名湯・ほったらかし温泉へ。

ほったらかし温泉