• 2019/06/23
  • みんなの日曜礼拝
日曜礼拝「弥陀成仏のこのかたは」から始まります

おはようございます。

毎週日曜日、朝七時~みんなの日曜礼拝です。「弥陀成仏のこのかたは」からはじまりました御和讃、53週して、浄土和讃、高僧和讃、正像末和讃を終えて、「弥陀成仏のこのかたは」に戻ってきました。期間で言えば、1年くらいです。

天真寺門前にはミセススローカムの蓮が咲いてくれております。撮影は山口さん、やはりプロの撮影は魅惑です。
蓮ミセススローカム

 
 蓮ミセススローカム

■■■ミセススローカム■■■
中国及び海外の花ハス ハス科
大型の黄紅色で八重咲き種。
1965年頃、アメリカ人・ペリー・D・スローカム(Perry D. Slocum)が、「キバナハス」と「八重紅蓮ローズ プレナ」を交配して作出される。1日目は、ピンクにわずかに黄色がさし、2日目には、ピンクと黄色、3日目には、黄色にピンクがわずかに残るというように、開花の経過とともに花色が変化する特徴があります。

こちらは大賀蓮です。

大賀蓮

蓮を眺めながら、仏様のお徳を讃嘆致しましょう!!!

そして、本日NHKラジオ第二にて、8時30分~、宗教の時間・アンコール「鈴木大拙の妙好人観」が放送されます。こちらもオススメです。
妙好人とは浄土真宗の在家信者で特に信仰心のあつい人たちのこと。理屈を超えて阿弥陀様の慈悲を喜び感謝して日々を暮らす市井の人々。その素朴で深い仏法了解は、近代日本を代表する仏教哲学者の鈴木大拙をも魅了した。大拙は晩年、妙好人の言行を英語に翻訳し、優れた仏教者の実例として海外に伝えた。大著「鈴木大拙の妙好人研究」を著した菊藤さんに妙好人の信心の在り方を紹介してもらう。【初回放送2017年10月22日】
福知山公立大学 客員教授…菊藤明道,【きき手】金光寿郎

https://www4.nhk.or.jp/kokoro/