• 2017/06/10
  • 未分類
「お~ま~え~は~あ~ほ~か」

ホッとぶ

「お~ま~え~は~あ~ほ~か」と歌いながら、のこぎりの刃をたたいて音を出し芸をする横山ホットブラザーズさん。1937年の結成以来、メンバーを入れ替え、音曲漫才を続け、歌と掛け合い、楽器の演奏などの卓越した経験と技量で上方漫才の芸を継承し、発展させてきたことが評価され、「無形文化財」に指定されました。

天真寺衆徒の名種僧侶の結婚披露宴にて、新郎の親戚ということで、横山ホットブラザーズの横山アキラさんが出席されていた。お話を伺えば、昔本願寺の盆踊りにて演奏したことがあるなど、気さくにお話を聞かせていただきました。さらに、「無形文化財」受賞が嬉しく思います。

無形文化財とは、文化財保護法によると、「演劇、音楽、工芸技術その他の無形の文化的所産で我が国にとって歴史上又は芸術上価値の高いもの」と定義づけられ、雅楽・歌舞伎を思い出させます。ですが、芸能の選ばれることは、それだけ庶民の間にひろまっていた証でしょう。本当に嬉しいことであります☺おめでとうございます☺

[朝日新聞 大阪市]
http://www.asahi.com/articles/ASK695V27K69PTIL024.html