• 2017/04/09
  • みんなの日曜礼拝
[日曜礼拝]花まつり

花祭り

毎日曜日7時~は「みんなの日曜礼拝」です。本日のご講師は、弘山先生です。ご和讃は「如来の作願をたづぬれば 苦悩の有情をすてずして 回向を首としたまひて 大悲心をば 成就せり」より六首。御文章は「数珠章」です。

本日のご法話の中で、4月8日は「花まつり」ということで、お釈迦様の「誕生仏」についてお話を頂戴しました。以下内容は要約です。

釈迦族の王妃マーヤ夫人は、出産のため里帰りをされます。その道すがら、マーヤ夫人は産気づき、綺麗な花をご覧になり手を差し伸べたら、右脇から小さいお子様がお生まれになりましたのがお釈迦様です。その後、七歩歩かれて右手を上に左手を下にして「天上天下唯我独尊」と叫ばれました。お釈迦様のご誕生を喜ばれた龍は、甘露の雨を降らせました。というエピソードから、誕生仏に甘茶をかけてお祝いします。

さて、お釈迦様がお伝え下さったことは「この世の縁がつきてちからなくして終わる時、死んでゴミになる命ではなく、仏になるいのちである」そのこと一つを伝えるために「南無阿弥陀仏」の声の仏様となって下さったお心をお聞かせ頂きました。