• 2013/09/21
  • メディア情報
[BSフジ]9月21日20時~放映「久遠の響き~お経の世界~」

先日、天真寺が撮影協力をしました「すばらしきお経の世界」が放映されました。その続編が本日BSフジにて20時より「久遠の響き~お経の世界~」として放映されます。
以下、BSフジテレビ案内より
http://www.bsfuji.tv/top/pub/okyo.html

[番組内容]
まずは、東京都文京区・護国寺。江戸時代に創建され、300年以上の歴史を持つ。ここに60年以上務めている岡本永司貫首(87歳)が、今日本人に聞いてもらいたいお経が「観音経」。観音様とは私たちが辛いとき、苦しいときに祈れば助けてくれ、現世での幸福を守ってくれる仏さまのこと。奈良時代に浸透した「観音経」は、あらゆる願いを叶えてくれるという。いったいどのような内容なのか?
私たちを救うため、相手に合わせたさまざまな姿になってあらわれる観音さま。そんな観音様を祀るもう一つのお寺が、茨城県潮来市にある潮音寺。東日本大震災による液状化で甚大な被害を受け、現在も被災した姿が生々しく残されている。この潮音寺の生駒基達住職(50歳)が今、日本人に伝えたいお経が「父母恩重経」。震災後は東北の被災地をまわり、被災者たちへ仏の教えを説いてきた生駒住職は、潮来市でも、この教えの素晴らしさを伝えようと、さまざまな活動を行っている。父親、母親の恩を説いているというこのお経は、どのようなお経なのか?
生きる上で困難に出会った時、苦しい時、支えになる先人たちの教え。名僧が選ぶお経を紐解くと共に、美しいお経の音色をお届けする。
[キャスト]
岡本永司 真言宗豊山派大本山護国寺住職(東京都文京区)
生駒基達 奈良薬師寺東関東別院潮音寺住職(茨城県潮来市)
ぜひ、ご覧下さい。