• 2018/05/29
  • 未分類
シェアリング型太陽光発電設備のボランティア

恩慶寺にて報恩講をお勤めして、翌日は、福島県二本松市にてボランティアをしてきました。
東日本大震災以後、ふくしまの農家さんは離職せざる終えない方がたくさんいらっしゃいました。その中で、自分たちで電気を作りながら農業をしたい!という思いから、農業と再生可能エネルギーを同時にできるシステム・ソーラーシェアリング型太陽光発電が生まれ、今回、二本松市にて初めての試みとなりました。そこで、ソーラーパネル設置をするボランティアです。
■農民発電はじまる(アーユス仏教国際協力ネットワーク)
http://ngo-ayus.jp/column/fukushima/2016/12/20161201/
ふくしま

ふくしま
ふくしま
ふくしま
ふくしま