• 2019/10/19
  • 未分類
祝!松戸市役所すぐやる課50年&人のこころ

帝釈天
松戸市役所のすぐやる課がスタートして50年だそうです、あと10年で還暦を迎えます、ご苦労もあったと思いますが、おめでとうございます。
全国初の千葉・松戸市「すぐやる課」誕生から50年 SOS15万7千件に応える
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191019-00000531-san-l12
そして、AERAにて朋友Sさんのコメントが掲載されておりました。特集では、「やよい軒」がこれまで無料だったご飯のおかわりを試験的に有料にするというニュースから、その背景にある「自分が不利益を受けるわけではなくても、他人の利益を不快に感じる」人の心についての様々な視点から論究されております。ぜひ、ご一読ください。
「他人の得が許せない」人々が増加中 心に潜む「苦しみ」を読み解く
https://dot.asahi.com/aera/2019101100028.html?page=1
宗教家の立場からの指摘を一部紹介します。
「宗教には、ある超越的な存在と出会うことによって自己の有限性を知り、自己を相対化させる機能があります。ところが、宗教が弱体化している現代において、人間は自己絶対化の度合いを増します。さらに、テクノロジーの進化でこれまで制御できなかったものを人間が制御し始めると、人間の絶対化は進みます」
人間の心を探求する特集です、さすがAERAさん!!!ありがとうございます。