• 2014/03/09
  • 天真寺雅楽教室
3月の雅楽教室

3月の雅楽教室でした。
前回は首都圏47年ぶりの大雪(@_@)
今日は春の日射しでしたがまだまだ肌寒いですね(+_+)
さて、きょうも元気に「鶏徳(雞徳・慶徳)」のお稽古です(^_^)b
現在、「雅楽」と認識されている音楽は、もともと中国大陸・朝鮮半島における
「宴楽」、宴会の際に楽しまれてきた音楽の流れをくむものです(・∀・)
したがって雅楽の曲のほとんどは、おめでたい由来のものです。
鶏徳もその一つ。
ニワトリのオスの五つのすがたを音階に配当して作曲されたと伝えられています(゜Д゜)
鶏冠トサカがある→文の徳
搏距ケヅメがある→武の徳
守夜朝に時を告げる→信の徳
敵を見て恐れない→勇の徳
食べ物を見て仲間を呼ぶ→仁の徳
中国から伝わってきたとされる名曲です(^O^)
40小節ほどの小曲ですが、華やかな技法たっぷり(>_<)
きちんと唱歌でまなんで、確実に習得してゆきましょうね(^o^)
次回の雅楽教室は
4月20日(日)
16:00~

定例法話会終了後となりますので
いつもより1時間おそいスタートです(^O^)
(眞)