• 2014/09/12
  • 寺報「月刊てんしん」
月刊天真9月号発行しました

遅くなりましたが、9月号の寺報です。
20140909102928_00001
【月刊天真9月号WEBバージョン】
20140909103022
今月のスケジュール
20140909102928_00001
今月の一面は「お寺で楽しい夏!! お勉強に落語、盛り上がった子ども夏まつり」。夏休み子ども祭りのご報告です。
みんなで夏休みの宿題をやろうは8月2日(土)午後2時から始まりました。夏休みの宿題は早くやらなければと思いつつ8月の終わりになってしまうのは今も昔も変わらないのが現実です。そんな宿題も友達と一緒にお寺で先生二人をお迎えして3時間、休憩は学校の時間割と一緒で1時間目修了後は暑さ解消の為、かき氷をいただき、2時間目、修了後の休憩には流しソーメンを楽しめると宿題もどんどん進むかと思いきやそうは問屋がおろさない。それでも楽しい思い出になればとスタッフは準備万全。一人100gと思いきや足らないほど食べていただき、宿題を片付けて第二部の親子落語、第3回を迎えました。今年は昨年までラジカセのお囃子係の日暮亭雅吉さん(小学生)も演目「つる」、続いて日暮亭白雪さん(父)の「家見舞」、そして日暮亭健吉さん(中学生)は今年度全国こども落語大会審査員特別賞を頂いた演目「長短」は話かた、間合い、手の仕草など会場から絶賛の拍手をいただきました。一年ぶりに聞いて、また来年を楽しみにしています。
いよいよ食事タイム、婦人会の皆様自慢のカレーライス、ソーセージ焼きに缶ビールやドリンクを前に食前の言葉、和気あいあいの楽しいひと時、そして流しソーメンの始まり。壮年会の手作り竹の長さは7m、両側には子供たちで満員の盛況、お父様、お母様のカメラマン、スタッフもソーメン釜茹で冷やして流し方へと大忙し、子供たちはいつまでも楽しんでいます。大人の方にも食べていただこうと打ち上げ花火の始まりをアナウンス、打ち上げ花火に拍手喝采、最後は手持ち花火をたくさん楽しんでいただき7時を過ぎに終了、帰りには門信徒さんによるガス風船などお土産をいただいて無事終了することが出来ました。
10月にはさつまいも掘りや手造りの石窯でピザ作り体験を楽しんで頂きたいと予定しています。ご期待ください。
門信徒会・壮年会・婦人会 応援スタッフ一同