• 2015/03/06
  • 仏教壮年会
萩本欽一さん駒澤大仏教学部に合格!!!

いま、東京大人グチコレとして、愚痴を聞く活動を東京にてスタートしている。
以前、坊主バーにて、60代男性から、「第2の人生を考え中」という愚痴を頂いた。
「もうすぐ会社の定年を迎えるので、仏教を学びたいと思っているが、何をどのように学んだら良いかわからない」というお悩みをいただきました。「郵送されてきた在家得度ができる講座に申し込もうかと友人に相談してみたら、『今なら24金の小鏧がもうらえる』という触れ込みが怪しいと止められている」とのこと。古代インドでは、「学生期、家住期、林棲期、遊行期」の四住期を説かれ、人生の節目が示されました。ご実家の宗派や浄土真宗の中央仏教学院通信講座の学びなど、伝統仏教宗派にて仏教を学ぶ道をご紹介しました。新たな生き方を模索されていらっしゃるようです。
仏教を学ぼうとした時、どうしたら良いのかなぁと言うお悩みはたくさんあると思われます。
そんな中で、萩本欽一さんが駒澤大仏教学の合格というニュースが飛び込んできた。
1980年代には、萩本さん(キンちゃん)の名前を冠したバラエティー番組がすべて視聴率30%を超えたことから「視聴率100%男」と呼ばれ、僕たちも子どもの頃、楽しみにしていた番組でした。キンちゃんこと、萩本欽一さんは、私が通っていた駒込高校の先輩であります。高校在学中に、萩本さんが駒込高校に講演にいらっしゃっていた時に講演を聴かなかったことを後悔しているので、機会があればお話しを聞きに行きたいなぁと思います。今回の受験に関して、萩本さんは「認知症対策のつもりで勉強した。本当にうれしい。大学には一日も休まずに行く。野球部にも入りたい」などとお話になっている話しているといいます。萩本さんのバイタリティーには脱帽です。駒澤大学にて仏教学を学ばれるとのこと、これからが楽しみです。
浄土真宗のみ教えであれば龍谷大学や武蔵野大学など、大学にて仏教を学ぶ道もあります。
天真寺では、仏教壮年会主催の月一回の勉強会にて、4月から「正信偈を学ぶ」というテーマにして、オープンな学びの場を開きます。
仏教、浄土真宗、親鸞聖人のみ教えを学びたいと思っていらっしゃる方、いかがでしょうか。
【スポニチ】
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150227-00000003-spnannex-ent