• 2015/03/11
  • ボラン寺(お寺でボランティア)
「東日本大震災慰霊碑建立除幕式」「東日本大震災追悼法要」

本日平成25年3月11日、東日本大震災が発生してから4年目を迎えます。大震災、それにともなう津波により、家屋は流され、たくさんの命を奪いさりました。それから4年、復旧復興への道は進む中、原発の事故による被害は限りない悲しみを作り出しました。

昨日、福島県南相馬市小高区塚原集会所にて天真寺雅楽会、浄土真宗本願寺派青年僧侶と共に「東日本大震災慰霊碑建立除幕式」「東日本大震災追悼法要」をおつとめさせて頂きました。
塚原
塚原
塚原
塚原
塚原
塚原
こちら、南相馬市長さん。
塚原
全国初の「脱原発都市宣言」をされました南相馬市長さんが、参列されお話しを伺うと、震災後、「生きると言うことはどういうことか?」を常に問うている修行者のような生活をしていらっしゃるとのこと。

震災から4年が経過し、鉄道も復旧し、常磐道が全線開通など復興への道を進んでおります。しかし、震災で亡くなられた方への悲しみは深く、仮設住宅で生活をされている方、ふるさとに帰ることができずに避難生活をされている方がいらっしゃいます。これからも被災された方々と悲しみをを共に歩んでいきたいと思います。