• 2015/04/27
  • 仏教壮年会
「お正信偈に聞く」第一回スタート!

毎月第4土曜日、午後3時から壮年会法座が開催されます。
今年度4月からは連続法座として「お正信偈に聞く」というテーマで一年間お正信偈を学ぶことになり、4月25日(土)に第一回目が開かれました。
ところで、先般より「お正信偈を読む」というタイトルでご案内していたのですが、5月号の寺報で「お正信偈に聞く」と載ってしまいました。
参加されていた皆様に「読む」か「聞く」かどちらがいいかお尋ねしたところ、「お聴聞」とか「聞法」とも言うし、なにより「聞く」という事を浄土真宗では大切にしていますよね、という事で決定(^o^)丿
「お正信偈聞く」のではなくて「お正信偈聞く」というのが有難いですよね♡
改めまして、これからは「お正信偈に聞く」でお願いします!
 
さて、第一回目にどれだけ来てくださるだろうと案じておりましたが、たくさんの方にご参加いただきました。
DSC_3887
 
なかには、「いつもウォーキングの途中でお寺の掲示板を見ていて気になっておりました。」という方もいらっしゃって、とても有難いご縁でした♡
 
今回は「お正信偈」について全体的な事と、初めの「帰命無量寿如来 南無不可思議光」の二句だけを学び、質問コーナーでは、余間に上がって七高僧のお掛け軸をご覧いただきながら いろいろな質問が出ました。
 
中ほどで お茶とお菓子をいただきながら座談会に・・・
DSC_3893
 
 
そこで思わぬ質問を頂戴しました。
「あの額は誰が書いたの?」「え!・・・??」
DSC_0916
知らなかったのでおばあちゃん(前坊守)に聞いたところ住職の字だとの事。
ちなみに表玄関のこちらは前住職の字。
DSC_3813
 
 
素朴なご質問から普段見過ごしていた事を知らせていただきました。ありがとうございました(^▽^;)
 
 
皆様のお話しのなかで「いつもどういう意味なのかなあ、と思いながらお正信偈を唱えていました。このチャンスに是非知りたい」という方がたくさんおられました。
そう思いながらお勤めしていらっしゃった事が有難いなあ・・と思いながら聞かせていただいたことです。
 
「お正信偈」、ましてやお念仏は決して呪文ではありません(^_^)v
お念仏のお心を「お正信偈」を通して少しづつでも聞かせていただけたら、と思います。
「お正信偈に聞く」は1年間の予定です(来年の3月まで)ので少々駆け足になると思いますが、一回一回ではあまり欲張らずにゆったり要点をお話しできれば良いかな・・と思っています。
「これからが楽しみです♪」とのお声も多く、プレッシャーを感じつつも私も皆様と同じ向き(阿弥陀様の方を向いて)いっしょにお聴聞させていただくつもりでおります<(_ _)>
 
「お正信偈に聞く」は毎月第4土曜日、午後3時から
申込・参加費不要 どなた様もご参加いただけます!
皆様のご参加をお待ちしておりまーす(^o^)丿
(果)