• 2015/08/07
  • メディア情報
東洋経済「お寺とお墓の大問題」にNHK特集「寺が消える」の続報が!!!

只今、天真寺の映像を集めた「天真寺チャンネル」を絶賛制作中です。今まで、お寺に関することで放映頂いた映像を、再度YOUTUBEの映像に整理し直しております。
今週発売された週刊・東洋経済にて、「お寺とお墓の大問題」特集が出版され、話題になっております。島根県岩見地方ルポ「消えていく寺の姿」のコーナーでは、1988年12月放映されたNHKテレビの報道番組「寺が消える~中国山地・ふるさとからの報告~」にて、、岩見地方の過疎地寺院の窮状が注目され、仏教界に大きな衝撃を与えたことに関する続報が掲載されている。まさしく、天真寺のふるさとのお寺・淨圓寺も、この番組にて特集をされ、「過疎のお寺が消えて都市開教をする」という場面が放映された。
その映像がコチラ

昭和63年9月、島根県から上京した西原正念が、当時浄土真宗の寺院がなかった千葉県松戸市に新しい寺院を建立する様子が放映されております。この映像から27年が経過しました。都市開教とは、人口が集中している都市部に新しく寺院を建立すること。それではなぜ、新たらしい寺院を建立するのか「ご法義を相続するため」「地域の人々の心のよりどころ」・・・。都市開教の現場にいる僧侶が感じることを映像を通してお伝えしたいと考えておりました。本年4月8日、島根県淨圓寺開基300年法要の映像の制作も出来上がってきましたので、またご報告させて頂きます。