• 2015/08/14
  • お盆
空飛ぶロウソク?

お盆の時期、皆様ご自宅のお仏壇にお参りくださっていることと存じます。仏様にお供えするのは「お花・お香・ロウソク」、左から花瓶、香炉、ロウソク立てを一つずつ置くお飾りを三具足と いい、基本的な荘厳となります。今日は、ロウソクについての話題です。
先日のニュースにて「空飛ぶロウソク」のニュースが報道されていました。
空飛ぶロウソク?とは、お仏壇にお供えしたロウソクの芯が短くなり、最後燃え尽きた芯が飛び出し火事を起こすこと。ロウソクが燃え尽き、溶けた蝋が水と化学反応を起こし、火が飛び出して火事を引き起こす原因となっているそうです。ロウソク立てに残っている水が引火原因となるそうです。
ロウソクが倒れて、可燃性のものに引火して発生する火災ではなく、「空飛ぶロウソク」による火事が引き起こされるそうですので、お気をつけ下さいませ。