• 2015/10/10
  • 永代合葬墓あんのん堂
今月のあんのん堂

毎月第2土曜日午前10時から、京都大谷本廟にある永代合葬墓あんのん堂にて、合同参拝が勤まります。
DSC_1182
 
 
いつのまにか夏の気配はなくなり、朝から肌寒い京都です。
今月の大賀蓮
DSC_1181
 
 
さて、今月の法語は
DSC_1186
「世俗の論理の行き詰ることを教えるのが仏法」
福岡県円徳寺の栗山力精師(1917~1981)の言葉です。
ご自坊の寺報『海』に掲載されている一節に
「人間として生きていく上には、世俗の論理を無視することはできないであろう。しかし世俗の論理の行き詰ることを教えるのが仏法なのである。」と記されています。
人として生活する上で、健康に気を配り仕事に励み財産を得る、良好な人間関係を築き社会のルールには従う。又困っている人には手を差し伸べてお互い様と助け合う・・・それらの事は当たり前のようで当たり前じゃないのかもしれません・・。たまたまそういう縁に恵まれて初めて出来うることで、有難い事なんでしょうね。
うまく社会生活をこなしているつもりでも、私が私が・・・という気持ちが奥のほうに潜んでいて、何かの状況の変化によってコロっと気持ちが裏返ってしまいます。←私の事です。(;´Д`)
お念仏のおはたらきは、そんな私の本性を教えるとともに、人間関係がうまくいかない時、どうしようもない悲しみの中にいる時、どうしても避けられない老病死にぶつかった時、絶対にゆるがない拠り所となってくださっています。
私の都合で仏法を求めるのではなく、仏法を中心とした生き方をせよ!と私の姿勢を問われていました・・・”(-“”-)”
DSC_1184合掌
(果)