• 2016/02/21
  • イベント
明日、仏教井戸端トークにて『お題法話』をします

善光寺
一週間におよぶ長野常例線のご縁を無事に終了しました。今回の法話のテーマは、法語カレンダー二月の標語「生きとしいくるものすべて このみひかりの うちにあり」。多くのお念仏のお同行さんたちにお目にかかれ感謝であり、ともに南无阿弥陀仏とお念仏申させて頂き感動した日々でした。
 明日は、仏教にご縁のない方々向けの仏教企画、恵比寿・寺子屋ブッダにて開催される「仏教井戸端トーク」にて「お題法話」をさせていただきます。。。「お題法話」とは、お客様からお題を頂き、即興でご法話をします。お話しをお聞き下さる方々が、いつもの常例法話会とは違い、南无阿弥陀仏?阿弥陀さま?をご存じでない方々・・・どういう角度からのお話しがよいのだろうか?お話しをお聞き下さった方々に少しでも阿弥陀さまのホッコリするお心が届けたいなぁ!!!お話しのパートナーが日本最大級の仏教フェス向源を代表する天台宗の友光僧侶。司会は、仏教伝道協会の増田僧侶です。楽しい時間になるだろうなぁと妄想中!!!
詳細はコチラ
⇒落語には、お客さんからお題をいただき、そのワードを用いて即興で噺をするという「お題落語」というものがあります。落語のルーツは仏教の法話ですので、ならば法話でも同じことをやってみようと言うわけです。 お題を出す時のルールは一つだけ。 「みなさんの故郷、または現在お住まいの地域に関することをお題とすること」 そのお題をお坊さんが知らないという場合は、そこでお坊さんがその語の意味をみなさんに聞きながら考えていきます。 その場で簡単なインタビューが行われます(気軽にお題についてお坊さんと話をしてください)。話す側にも聞く側にもいい意味での緊張感があり、全員がプレイヤーとして楽しみながら仏教の研鑽に繋がると考えています。
【登壇者】
・友光雅臣師(天台宗・常行寺副住職)
・西原龍哉師(浄土真宗本願寺派・天真寺副住職)
・増田将之(司会、仏教伝道協会)
【日時】
2月22日(月) 19:00~
【場所】
寺子屋ブッダLAB(恵比寿)
【定員】
20名まで(早着順。定員に達しましたらお断りする場合がございます)。
【参加費】
1000円 お申し込みは以下よりお願い致します
【FB】
http://tokyotrad.com/idobata/archives/509

チケットは若干有るそうなので、御時間がある方は、遊びにお越し下さい!!!