• 2016/03/02
  • 未分類
中外日報に「お題法話」掲載されました。

先日、恵比寿・寺子屋ブッダさんにて開催された第5回仏教井戸端トーク「お題法話編」にて法話をさせて頂きましたが、その様子が中外日報に掲載して頂きました。「お題法話」とは、当日参加された方々からお題をいただき、そのお題を使ってご法話をするという新企画です。
■中外日報2016.2.26
中外日報
今回の皆様から頂戴したお題。
お題法話
ご法話では、三木清さんの「孤独は山になく、街にある。一人の人間にあるのではなく、大勢の人間の「間」にあるのである。」という言葉を紹介したり、お通夜には赤飯をふるまうということで「赤飯」というテーマが出たので仏に生まれ往く命である「往生浄土」のお話しもさせてもらいました。若い人にどのようなアプローチがいいかなぁと考えておりましたが、特に特別なアプローチは入らず、仏さま空間をいかに創造するかという側面も大事なのだと実感しました。
主催者の増田さんが「法話を聞く人にとって、自分の地域や自分が出したお題が出ると話も聞きやすい。若い人にも親しんでもらうきっかけになる」とおっしゃるように、法話者だけではなく、聞いて下さる方々が一つになる素敵なホッコリほとけ空間となりました。