• 2016/12/07
  • 未分類
宇宙人はいると思いますか?

講演会
築地本願寺主催の「シンポジウム「ご縁」」の講演会に行ってきました。新しく埼玉県三郷市に浄土真宗本願寺派の布教所が開設されるにあたり、仏縁をひろげるための講演会です。講師は、元国立天文台台長であり、浄土真宗本願寺派の僧侶である観山正見師。「宇宙とおかげさま」 ~現代科学が明らかにする宇宙と我々のご縁~というテーマにて、ご講演を頂戴しました。
以前から師のお話を拝聴したかったので、貴重なご縁となりました。開始早々から「宇宙人はいると思いますか?」との問いかけに、会場の方々から手が上がります。私も。すると、先生は、ここ10何年の間に宇宙人がいるかどうかわかるようになりますよ(゜ω゜)なぜなら、宇宙まで見ることができる望遠鏡が完成するからですとおっしゃり、今から宇宙の謎が解明されることがワクワク楽しみになりました。最後に、宇宙人はいるかいないかという議論があるが、「私が宇宙人です、いや、宇宙塵(うちゅうじん)」と。人が死んだら星に生まれ変わると言いますが、実は私の身体は、宇宙の星が爆発を繰り返した136億年の宇宙の歴史の上、宇宙の塵が集まってこの世に誕生したいのち、私の年齢は136億39才なのです。 
地球の存在する天然鉱石(金・プラチナ・銀)は、星の爆発を繰り返した結果できた鉱石。なんと、地球上にある金を集めても、50メートルプールをいっぱいにすることができない、それほど貴重な鉱石です。『阿弥陀経』には、仏様の世界が「金銀瑠璃玻瓈硨磲赤珠碼碯」と『七宝』で荘厳されていると示されますが、当時のインドでは、「金銀」を見て何を感じたのでしょうか?人間の価値観を超えた世界を想像したに違いありません。阿弥陀如来の本願の中、第13願「悉皆金色の願」とあります。仏様の眼で見れば、すべてのいのちは本来金色にピカピカ輝いている。
人の世を生きると言うことは、思い通りにならないこともあり、矛盾を抱え、苦悩を抱えながらの人生の道のりであります。ですが、仏様から見えるいのちの姿は、すべて輝いています。それは、人生の究極の問題「死」をも抱え込む世界です。仏様からご覧になれば、真っ暗闇の世界を迷うのではなく、光り輝く仏様の世界に生まれゆくいのちなのだと、いのちの姿をお示しくださいました。宇宙の星が、超新星を繰り返した結果、新しい星が誕生したように、私たちのいのちもさまざまなご縁の中生かされているいのちであります。まさに、136億円の宇宙のドラマのうえにあるいのちです。皆さんのいのちは何歳ですか?宇宙に輝く星をみつめならが、私のいのちを姿に思いを馳せてみましょう!!!!