• 2016/12/12
  • 未分類
不思議なご縁

仙台駅
昨晩の仙台は大雪が降り、ライトアップもさらに綺麗に輝いております。本日の法話のご縁は、宮城県塩竃市にあるM寺様。M寺様は、宮城県の塩竃布教所としてスタートしましたが、初代住職が退任をされ、ご門徒の方々が護持されている寺院です。お寺もいろいろですね。ご法座が終わり、茶話会の時、ご門徒の皆様と談笑をしていると、一人の方が一冊のお経本をお持ち下さいました。後ろページには「千葉県松戸市河原塚165 天真寺」の印鑑が押されております。こちらは、昭和63年に天真寺が現在の地、千葉県松戸市金ヶ作106に移動する前の、初代天真寺の住所であります。
天真寺
ご門徒さんのお母様が、松戸市に住んでおり、昭和57年にご往生なされ、天真寺の住職がお勤めをしたということです。今回、私が天真寺から出向するので、引き出しからお経本を取り出して持ってきて下さいました。ビックリするご縁であります。
ご門徒の皆様が護るお寺。一週間一度、お寺をあける。そして、ご法座もしっかりと開いていらっしゃいます。さまざまな学びを頂戴する常例布教の旅であります。