• 2017/01/20
  • 定例法座
毎月二十日は定例法話会。

天真寺
本日は定例法話会の日。ご講師は、東京都の加戸利圓師です。
本日のご讃題は、ご和讃(善導讃)
煩悩具足と信知して 本願力に乗ずれば
すなはち穢心すてはてて 法性常楽証せしむ
瀬戸内寂聴さんの師匠は今東光さん。13回忌。声に出すことの大切。などなど、楽しい加戸先生ワールドにてお話しをお伺いしました。
最後に和讃をもう一種。
無始流転の苦をすてて 無上涅槃を期すること
如来二種の廻向の 恩徳まことに謝しがたし
【現代語訳・浅井成海師】
いつ始まったかもわからない遠い過去よりの迷いの世界をさまよう苦を捨てて、浄土に生まれてこの上ないさとりを得させていただき、無限の利他活動をさせていただくことは、如来の往相、還相の二種の廻向法によるのです。だから、ご恩は本当に感謝しきれないのです。
嫌な思いもあるだろうけど、あの世まで持ち込んではいけない。阿弥陀様のおかげさまで、苦しみから解き放たされることが約束されている。憎しみはなくならないが、憎しみを縁として、さとりを開かせて頂く有り難いことであります。
とのお話しを頂戴いたしました。
次回の定例法話会は、
2月20日(月)13時30分~
宮部先生(大阪府)
です。