• 2017/05/17
  • 島根浄圓寺
故郷島根、過疎の村で報恩講

5月12日(金)、天真寺の故郷・島根浄圓寺で報恩講が勤修されました。
前日から三瓶に泊まって朝早めにお寺に到着しました。
まだ早いと思っていたら、すでにお世話くださっているMさんご夫婦はすでに来ておられます(゜o゜)
DSC_0437
 
さっそく本堂とお墓にお参りをした後、大坊守とMさんは話が尽きないようです(*^_^*)
DSC_0426
 
 
やっぱり今回もお荘厳はすでに整えられていました。
DSC_0408
お墓へ続く道も、本堂前の庭もすっかり草引きをしてくださっています。m(__)m
DSC_0423 DSC_0424
 
今浄圓寺は無住で、電気も水もガスも通っていません。
ご自宅から水を車で運び、村の方達が集まって掃除や草引きをしてくださっています。
 
このたび庫裏で雨漏りが発見されて、お参りくださった工務店さんの話によると、「12日までになんとかしてくれ、とMさんから電話があったんやけど、電話がかかってきたのが10日やったけえ、明日しかない言うてあわてて瓦を張り替えましたわ。当分は安心ですけえ」との事。(*^_^*)
70数枚の瓦を張り替えてくださったそうです。
DSC_0405
 
 
報恩講は午後1時から。
三奉請・表白・正信偈・和讃六首・念仏・回向のお勤めのあと、法話、大坊守挨拶。
最後はみんなで恩徳讃を唱和しました。
久しぶりに顔を合わす方もいらっしゃるみたいで、茶話会でも話が尽きません。
DSC_0438
今回は総勢12人。区域の方は10名もおられません。そのうち何人かはお見えではないので聞いてみると、離れた地域からも誘い合ってお参りくださったそうです。
 
DSC_0419
DSC_0418
DSC_0409
 
ありがたくて温かいひと時でした(*^▽^*)
杖をつきながらの方、キャリーバッグを押しながらの方、みなご高齢で出歩きにくいなか、本当にようこそお参りくださいましたm(__)m
みなさんのお姿をみながら、私は人がたくさんいる都会の中で生活しているけど、本当に伝えていかなければならない事をどれだけ伝えられているかなあ・・と思う事でした。
 
DSC_0417
ナンマンダブナンマンダブ・・
(果)