• 2018/01/22
  • ボラン寺(お寺でボランティア)
大雪警報発令

天真寺

本日15時から降り出した雪は積もりはじめました。先程、スタッドレスを着用しているクルマでお寺に入ろうとすると、入り口の坂道でスリップをしてしまい、早速雪かきをすることに。これから降り続けるとのことですので、心配ですね。いつも混んでいる歯医者に行けば、ガラガラの状態、キャンセルが続いているとのこと。

先ほど、毎月一回傾聴ボランティアをしている特別養護老人ホームMにお伺いしました。北海道出身の入居者様。本日は、旦那様の13回忌の祥月命日ということをお伺いしていたので、お仏壇の前にて、布袍を着て、正信偈のお勤め。そして、リクエストがありましたので、一緒にお勤めをした柏倉僧侶が法話をさせていただきました。

傾聴ボランティア

できる人ができることをするお寺のボランティア活動(ボランテラ)、築地本願寺発信の活動「プロジェクトダーナ」の活動の一環で始めた傾聴ボランティアです。ですが、お坊さんということ、浄土真宗の門信徒というご縁にて、お仏壇の前にて、手を合わせて、お参りのご依頼でありました。さらには、法話を聞いていないからと法話をさせていただくご縁となりました。そんな会話の中から、「お父さんが亡くなった時にも大雪が降っていたんです」と同じ雪でも感じ方はそれぞれですね、ありがたいご縁だなぁと感謝であります。