• 2019/11/24
  • みんなの日曜礼拝
「119番」のその先の現場へ

今日は、朝七時からの「みんなの日曜礼拝」が勤まりました。今朝の担当は龍哉、曇鸞大師を讃える御和讃のお話でした。

・世俗の君子幸臨し 勅して浄土のゆゑをとふ 十方仏国浄土なり なにによりてか西にある
・鸞師こたへてのたまはく わが身は智慧あさくして いまだ地位にいらざれば 念力ひとしくおよばれず
・一切道俗もろともに 帰すべきところぞさらになき 安楽勧帰のこころざし

そして、午前中、松戸市消防局にて消防団研修に参加しました。

人生ではじめて、松戸市消防局の司令官制室を見学させて頂きました。こちら松戸市の司令官制は、松戸市・市川市・野田市・流山市・浦安市の119番の電話対応をされている現場です。119番に電話をすると、消防隊員の方が「火事ですか?救急ですか?」と電話に出られます。14人の消防士が、ひっきりなしにかかってくる電話対応、一日1300件の電話がかかってくるそうです。消防士たちは、市民の尊いいのちを守るために、寝るまもなく対応をされております。ですが、時折緊急ではない電話もかかってくるそうです。消防隊員のご苦労を思いますと、ムダな電話はやめなければと節に思いました。。。