• 2020/07/22
  • 定例法座
お慈悲の仏様

定例法話会が終了しました。この度のご講師は柏倉学法師でございました。

この度は、御和讃「如来の作願をたずぬれば苦悩の衆生を捨てずして 回向を首としたまいて 大悲心をば成就せり」のおこころをご讃嘆頂きました。

柏倉学法定例法話会

「如来の作願をたずぬれば」
阿弥陀様が願いを起こされたのかを聞いてみたならば、

「苦悩の衆生を捨てずして」
苦しみ悲しみを抱え涙を流さずにはおれないこの私を捨てることができないので、

「回向を首としたまいて」
回向まわし向けることを一番にしてくださり、
私の受け取りやすい、保ちやすい形となって、私の元に回し向けてくださった。
どのような形で届いてくださるのか。

「大悲心をば成就せり」
あなたの口に南無阿弥陀仏と届く姿となって、あなたの口に称えられる南无阿弥陀仏の声となって、いまあなたのもとに至り届きますよ。その誓いを完成してくださった。

阿弥陀様がなぜ願いを起こされたのか、それはこの私を見捨てることができない、見放すことができない、あなたを地獄に落とすわけにはいかない。あなたを必ず浄土の仏にします、おさとりの仏にします。私たちに変われと言っても変わりようがない、あなたを救う仏に成ろうと、誓いを立ててくださり、お誓いの通りの仏様。長い時間をかけられ悩まれ、私たちには計りすることの出来ない長い時間御修行を積んでくださり、ご苦労をしょってくださり、すべての功徳を阿弥陀様の法が積み上げてくださる。その功徳全てを私に届けてくださった。どのようにか、この口に南无阿弥陀仏と称えられる姿となって、この口を通しこの耳に聞こえ、この心にいりみちて私の人生を支える仏様となってくださった。

わかりやすく、楽しく、ご讃嘆頂き、ありがとうございました。

当日の様子は、以下天真寺YOUTUBEちゃんねる「天ちゃんねる」にて、ご覧頂けます。ぜひ、ご覧くださいませ!!!