• 2020/10/04
  • みんなの日曜礼拝
煩悩について

今朝の日曜礼拝の調声は、奥住毅先生。

奥住毅先生は、東方学院にて「空」「唯識」の講義をされていらっしゃいます。ぜひ、東方学院にて学びを深めてください。。
https://www.toho-gakuin.org/tag/%E5%A5%A5%E4%BD%8F%E6%AF%85/

本日の流れです。
17分~正信偈
47分~「煩悩について」のご法話があります。
■貪(むさぼり)ラーガ 愛着すること 欲しい 染まる 赤い色
■瞋(いかり) 憎むこと 
■痴(おろかさ)モーハ 心が暗い 真理(三法印 四法印)がわからない
南伝仏教では、悪い心が起こった時の処理の方法や煩悩に振り回されて、不幸な状態に陥らないように、つとめていく道が説かれている。。
浄土真宗では、煩悩が私のいのちと一体化しているので煩悩を取り除けない。だが、煩悩を断ずることができないので、煩悩に流されていくのではなく、その煩悩の弊害を承知して、自分の心を抑えていく心がけは必要であるとお話くださいました。