• 2015/09/24
  • 未分類
お墓参りの季節です

街はシルバーウィークが終わり、ホッと一息をついているところ。「暑さ寒さも彼岸まで」といい、暑さも寒さもやわらぎ、一年で最も過ごしやすいのがお彼岸の頃です。

秋のお彼岸は秋分の日をお中日として前後三日、合計七日間をさします。彼岸のルーツはというと、「彼岸」とはもともと仏教用語。梵語の「波羅密多」(はらみつた)を漢訳した「到彼岸」のことをいいます。そして彼岸に対する言葉は「此岸」。此岸というのは、苦しみの世界、迷いの世界としての私たちが現実に生きているこの世界をさします。その反対の彼岸は、楽しみの世界、よろこびの世界としての、私たちがまだ到達していないさとりの世界をいいます。そのさとりの世界に至る行を修するのに最もよい時期がこのお彼岸というわけです。

お彼岸にお墓参りに行かれます。先日、お墓に行きますと、事務員の方々が大忙しです。
墓参り

お墓にお供えする仏華を手作りしています。
墓参り

お墓参り

なかなか見ることができない、お墓参りをお迎えする方々も大忙しのワンシーンでした。