• 2016/03/19
  • 天真寺
険しい山の頂上には長く滞在できん。谷こそ、川があって魚がおる。花も咲く。

mountain
天真寺の前にある千葉西総合病院(千葉県松戸市)は、昨日からメディアの方々で行列ができています。現在、入院中の清原さんを取材するためです。車を運転しているとチャゲ&飛鳥さんの「ひとり咲き」が流れ、中学校の頃、お昼ご飯の時間流される学校ラジオから流れて、みんなで歌を歌ったことを思い出されました。僕ら世代にとって、チャゲ&飛鳥さんはヒーロー。そして、清原さんも、KKコンビの頃から応援をしていたスーパーヒーローです。大好きなヒーローであるがゆえに、悲しみとともに、自分の姿を重ね合わせます。。
それは、私達は頂上を目指して行くことを教えられてきました。それでは、頂点に登ったその後は何を目標に進んでいけば良いのか。そのことで思い出されますお話が、漫才師B&Bの島田洋七さんです。今では、佐賀で過ごしたおばあちゃんとの思い出を集めた『ガバイばあちゃん』の著者としても有名であります。ばあちゃんとの生活はまさに極貧そのものですが、その生活の中にはユーモアがあります。洋七さんがお腹が減ったら、ばあちゃんは「気のせい!」「夢!」「勘違い!」と。そして、ばあちゃんは云う、「貧乏には二通りある。暗か貧乏と明るか貧乏、うちは明るか貧乏や」。ある時、洋七さんの通信簿の成績が、得意の体育は満点の5以外は1と2ばかり。ばあちゃんは「大丈夫、大丈夫。足したら、5になる。人生は総合力だよ!」さらには、「頭がいい人も、頭が悪い人も、金持ちも貧乏も、50年経てば、みんな50歳になるよ」とお答えになったそうです。
そんな洋七さん、80年代の漫才ブームで一躍有名になったが、わずか数年であっという間に頂点から転落してしまった。仕事は激減して、失意のどん底にいる洋七を救ってくれたのは、そんなばあちゃんの一言でした。
険しい山の頂上には長く滞在できん。谷こそ、川があって魚がおる。花も咲く。頂上は登ったら降りるようになっとると。ずっと居れるわけな
洋七は、今の居場所が普通なんだと実感して、新たなスタートをきったそうです。頂上を目指して歩いて行く人生、頂上を目指していくと周りの支えが見えにくくなってしまう。ふと足下を見つめると、支えて下さっている人の姿が見えてきます。新たな一歩、確かに一歩ずつ大地を踏みしめながら、歩くことができるのです。
浄土真宗の開祖親鸞聖人は、「煩悩具足の凡夫、火宅無常の世界は、 よろづのことみなもっと、そらごと、たはごと、まことあることなきに念仏のみぞまことにおはします」とお示しになります。私達の生きている世界は自己中心の煩悩を燃やし、確かな判断力を失い、確かな世界を見失ってしまい、そらごと、たはごと、まこととなき世界になってしまう。その迷いの私を見捨てることができないと抱きしめて下さっている仏様がいるのです。「南无阿弥陀仏」と呼び続けてくださっている仏様の喚び声が真実ですと、教えて下さいます。願われ、支えられて、許されてある命なのです。その光に照らされたとき、すべてが光輝く瞬間と転じられていくのです。
私は、あれもほしい、これもほしい、ああなりたい、こうなりたいと欲望の船に乗っています。「欲」は「谷に欠ける」と書き、満たされることをしらない姿です。求めていく世界には、何年経っても満ち足りた人生ではなく、不足の人生となり、終わりがない。親鸞聖人は、「如来の願船」に乗っていると示されます、南無阿弥陀仏のお念仏の響きの中、仏様の呼び声の中に、仏様に願われてある今であることを聞きながら歩ませて頂くと、まったく違った世界が開かれます。