• 2019/05/28
  • 永代合葬墓あんのん堂
今月のあんのん堂

先日、京都大谷本廟内にある永代合葬墓「あんのん堂」にお参りしてきました。

今月の大賀蓮
DSC_0499

 

葉っぱがモリモリです。

近づいてみると

DSC_0502 (1)

ヤゴの抜け殻でしょうか。それともまだ中にいるのかな・・・

よく見るとあちらこちらについていました。

DSC_0503 (1)DSC_0504 (1)

 

今月の法語です。

DSC_0498

「声に姿はなけれども声のまんまが仏なり 仏は声のお六字と姿をかえてわれに来る」高松悟峰和上(1866~1939、真宗学寮初代学頭、広島仏教学院初代院長、浄土真宗本願寺派勧学)

私が称える「南無阿弥陀仏」は、「お前を救う仏がここにいるぞ」と、真如よりあらわれ出て呼び続けてくださっていた仏様でした。仏様のおすがたを見ることはできなくても、この度ようやくお念仏申す身にお育ていただきました。ナンマンダブ・・m(__)m

 

「阿弥陀仏の本願は、 すべてのものを 「無上仏にならせよう」 とお誓いになっています。「無上仏」 というのは、 かたちを超えたこの上ないさとりそのものをいうのです。 かたちを離れているから、 「自然(じねん)」 というのです。 かたちがあると示すときには、 この上ないさとりとはいいません。 かたちを離れたこの上ないさとりを知らせようとして示されたすがたを、 阿弥陀仏というのであると聞いています。 阿弥陀仏とは、 「自然(じねん)」 ということを知らせようとするはたらきそのものなのです。」『親鸞聖人御消息』(現代語版)

 

明著堂(親鸞聖人の墓所である祖壇の前に位置する拝堂)

DSC_0513 (1)

(果)