• 2020/02/20
  • 定例法座
本日定例法話会瓜生崇先生!!!

天真寺定例法話会

本日は天真寺定例法話会です。

この度のご講師は、瓜生崇先生です。

先生のプロフィールが、ご住職をなさっている玄照寺HPに詳しく紹介されておりましたので、ご紹介させて頂きます。

■プロフィール
真宗大谷派玄照寺(滋賀県東近江市)住職
1974年東京都生まれ。電気通信大中退。浄土真宗親鸞会講師、システムエンジニアを経て、2011年から真宗大谷派玄照寺(滋賀県東近江市)住職。

■好きな動物
ねこ

■所属組織とか団体(2018年現在)

真宗大谷派京都教区(僧侶としての所属教区)
大阪大学キャンパスライフ健康支援センター(招聘教員)
真宗大谷派青少幼年センター(カルト相談部門のスタッフをしています)
日本脱カルト協会(会員です)

■活動など
住職として浄土真宗の伝道活動をしています。日程さえ空いていればお伺いして仏法のお話を致します。どこのお寺でも家庭でも公民館でも市民ホールでも。もちろんうちのお寺に来てくださるのも大歓迎です。あちこちで聞法会もやっています。
・10年以上、カルト宗教に入信した人の脱会支援やそのご家族の相談をお受けしています。浄土真宗親鸞会とアレフ(Aleph)についての相談が中心ですが、その他の宗教についてもできる範囲でお力になります(真宗大谷派青少幼年センターを通じてご相談下さるのが確実です)
響流書房という仏教書の電子出版事業をしている。絶版になった仏教書を電子書籍化したり、新たに若手を発掘してその本を企画したりしています。電子書籍だからこそできる本や、伝道の方法があると思っています。お手伝いしていただけるという方をお待ちしています。
浄土真宗の法話案内というウェブサイトを制作運営しています。全国でどんな人でも参加できる法話会の情報を共有して、浄土真宗の教えを聞きたいという人と、聞いてもらいたいという人の橋渡しをしています。是非ご利用ください。
・僧侶の法話者向けに、法話の研鑽の方法を公開して研修会などを推進しています。

関わったり書いたりした書籍
・さよなら親鸞会 脱会から再び念仏に出遇うまで(紙書籍電子書籍
・大学のカルト対策 カルト問題のフロンティア(紙書籍)一部執筆
・無明の私に遇う: 「歎異抄」第四条より(電子書籍

■その他過去に書いた主なものなど

以上です。

詳しくは玄照寺様ホームページをご覧下さい。
https://genshoji.net/jushoku