• 2014/08/11
  • がんばっぺ福島
【報告】チャリティー雅楽演奏会&ヨサコイ踊り

2014年7月26日(土)福島県伊達市のつきだて花工房『もりもり産直館』にてチャリティー雅楽演奏会&ヨサコイ踊り&朗読を無事に終演することができました。

なぜ?福島県伊達市にてチャリティー雅楽演奏会を開催するのか?今回のご縁は。東日本大震災発生後、(特活)アーユス仏教国際協力ネットワークが、つきだて花工房『もりもり産直館』さんに放射能測定器を寄贈しました。情報不足で不信感を抱く中、福島から放射能をチェックした安心安全なおいしい野菜を販売することができました。そのご縁で、天真寺にて法要やイベントの際、福島のおいしいお野菜を販売してきました。さまざまなご縁がつながり、地元のファーマー菅野さんのチームのよさこい踊り&チャリティ雅楽演奏会inつきだて花工房が生まれました。

雅楽演奏のメンバーも僧職&神職&東京芸大&矢吹町会議員&NGO≒無限大のつながりの雅楽演奏となりました。

○DSC_0110

○DSC_0101

○DSC_0096

大自然の中での雅楽演奏、気持ちよかった!!!

こちらは、ヨサコイ踊り!!!
○DSC_1114

○DSC_1147

○DSC_1149

○DSC_1144

最後の記念撮影!!!
○DSC_1152

今回のヨサコイ踊りの菅野さんは、「シノブリbox」と獲れ立ての野菜を発送されております。美味しいお野菜を販売されております。
「シノブリBOX」とは、
福島の「今」を生きている人が、
福島の「今」を知ってほしくて、
福島の「今」美味しいモノを知ってほしくて、
https://www.facebook.com/shinoburi.box

最後に、「つきだて交流館もりもり」の千葉さんが天真寺にてお話し下さった現状報告&メッセージをご覧下さい。
http://ngo-ayus.jp/column/fukushima/2013/10/farmers/