• 2018/04/23
  • 未分類
お念珠

天真寺では、永代経懇志を上げて下さった方にお念珠をお送りして、お使い頂いております。
念珠は、WIKIPEDIAによると
仏・菩薩を礼拝する際に手にかけて用いる。真言・念仏の回数を数えるのに珠を爪繰(つまぐ)ったり、摺り鳴らして用いる場合がある。浄土真宗の場合は、念仏の回数を問題にしないため爪繰らない。摺り鳴らすこともせず、仏前での崇敬の念の表れとして用いる。
 起源は諸説あるが、古代インドのバラモン教で用いられていた道具を原型とするとされる。それが、釈尊により用いられ、後に中国に伝わる。そして仏教伝来とともに飛鳥時代には日本に伝わったとされる。鎌倉時代に入り、浄土教が流行し称名念仏が盛んになるとともに一般にも普及する。お念珠にもさまざまなデザインのお念珠があります。
とあります。浄土真宗の場合は、念仏の回数を問題にしないため爪繰らない。摺り鳴らすこともせず、仏前での崇敬の念の表れとして用いる。とご丁寧な解説が施されております。
そんな念珠にはさまざまなデザインがあります。
女性用念珠
天真寺
男性用念珠
念珠
ぜひ、お寺・お墓・お仏壇にお参りをする際には、お念珠をかけてお参りくださいませ。