• 2016/12/09
  • 未分類
会津大仏

会津大仏
こちらの仏様は、福島県喜多方市にある願成寺様にご安置されている「会津大仏」です。嘉禄3年(1227年)、浄土宗開祖・法然上人の高弟・隆寛律師が開基したと伝えられます。入り口には、多念義派とありました。ですが、願成寺様HPによると、法然上人の高弟・隆寛律師御開山。開基はその弟子實上房上人のようです。こちらの阿弥陀如来様は、鎌倉時代に完成され、中央には阿弥陀如来像坐像、印相は来迎印を結び、光背は千仏舟形光背であります。左脇侍(向かって右)は観音菩薩、右脇侍は勢至菩薩であります。
願成寺
大仏さんといえば、東大寺の大仏、鎌倉大仏、松戸の近所にあります鎌ケ谷大仏、最近ですと、茨城県に建立された牛久大仏を思い浮かべます。新しく会津大仏と出会え素敵なご縁となりました。