• 2019/03/31
  • みんなの日曜礼拝
私たちのちかい

おはようございます。常盤平の桜も満開間近であります。

さくら通り

今朝の日曜礼拝は、弘山先生です。平成の年号の意味「内平らかにして外成る」(史記)、「地平らかにして天成る」(書経)、「私たちのちかい」についての親教の中から「むさぼり、いかり、おろかさに流されず しなやかな心と振る舞いを心がけます 心安らかな仏さまのように」について身近らの体験を通してお話くださいました。

◆念仏者の生き方
私は伝灯奉告法要の初日に「念仏者の生き方」と題して、大智大悲からなる阿弥陀如来のお心をいただいた私たちが、この現実社会でどのように生きていくのかということについて、詳しく述べさせていただきました。このたび「念仏者の生き方」を皆様により親しみ、理解していただきたいという思いから、その肝要を「私たちのちかい」として次の四ヵ条にまとめました。

一、自分の殻(から)に閉じこもることなく
  穏(おだ)やかな顔と優しい言葉を大切にします
  微笑(ほほえ)み語りかける仏さまのように

一、むさぼり、いかり、おろかさに流されず
  しなやかな心と振る舞いを心がけます
  心安らかな仏さまのように

一、自分だけを大事にすることなく
  人と喜びや悲しみを分かち合います
  慈悲(じひ)に満ちみちた仏さまのように

一、生かされていることに気づき
  日々に精一杯(せいいっぱい)つとめます
  人びとの救いに尽くす仏さまのように

2018(平成30)年 秋の法要 ご門主「ご親教」【2018(平成30)年11月23日】

本日11時~、天真寺にてお花見会。15時~雅楽教室があります。

ぜひ、お集まり下さいませ。